Band Introduction

YOKOHAMA YZ ORCHESTRA について

2005 年 1 月。JAZZのジャの字も知らない好奇心旺盛なふとどき者が「もっと楽しく演奏したい・・・」というただ1つの強い思いだけでバンドを立ち上げようと決意しました。(怖いもの知らずとは恐ろしいものである)
周りからの非難の声もなんのその、我が道を行くをモットーに驚異的なスピードで、4ヶ月後には少人数ながらもバンドを立ち上げ、更にその2ヶ月後にはビッグバンドもどきの形になっていました。
しかしその道は決して平坦ではなく、日夜バンド中心の毎日が続き、仕事の危機?にも見舞われたがなんとか乗り越えてきました。
変わり者のメンバーの力と、師匠でもあるHAL斉藤さんの力と、酒の力があったからだと痛感しております。今ではイベントの演奏依頼が来るほどのバンドに成長いたしました。本人が1番驚いている次第です。

YOKOHAMA YZ ORCHESTRA という名前の由来は、バンドロゴでもある八分休符に似せた Y に意味があります。 Y というのはメンバーの名前の頭文字から取りました。イノシシのように突っ走りすぎるバンマスに対し、八分休符くらいにちょっと一息休み入れたらいいじゃん、という意味でもあります。みんなで焦らず行こうよという事で命名いたしました。
  
く、このバンドの音楽の方向性は?と聞かれますがそんな難しいこと良く分からないよ、というのが本音です。ラテンもやるし、ボサノバもやるし、ソウルもやるし・・・とジャンルにこだわらず自分たちの音楽を作りあげていこうといったところです。プロのバンドではない、アマチュアの集まりだからこそ気楽に楽しむことができるのではないでしょうか。しかしながら、ただ楽しいだけのリハーサルバンドではなく、上手になりたいという強い向上心を持ったメンバーの集まりゆえ、かなり真剣です。

ち上げから1度も欠かさず継続していることがあります。それは練習後の飲み会・・・もとい、打ち合わせです。そのメンバーの出席率は非常に高い!この貴重な打ち合わせは、ある意味とても重要である為欠かすことができません。騒音を撒き散らした後の酒はまた格別・・・もとい、美しいハーモニーを奏でた後は個々の音楽論をぶつけ合い、これからのバンドの更なる飛躍について夜中まで討論が繰り広げられているのであります。

バンドマスター Yumiko Hirota

活動内容 について

練習は主に横浜周辺のスタジオ等を利用しています。

練習時間は、第3土曜日の14時〜18時が主で、月1回です。(もちろん、終わった後は自然発生的な飲み会です)

また、演奏技術のスキルアップを図る為に年一度合宿を行っております。